2015年9月24日

SENBA

オランダの怪物 KAI

「KAI」デザイナー“Kai Hameleers”

牛革の4代聖地(フランス、オランダ、ドイツ、ポーランド)。

素材をポーランドが原産の最高級カウハイドの一枚皮を原皮として、ベジタブルタンニン鞣しされたものを使用しています。

艶の出方や、素材の肌理細やかな質感など、非常に高級感のある素材。

生産を行なっているアトリエはオランダ、アムステルダムの郊外のブレダという土地にあり、このエリアはオランダ皮革産業の中心部として以前より長く栄えてきた土地です。

デザイナーのKai Hameleersを中心に、同じくアシスタントデザイナーのJosa、それとDavidの3人で全ての行程をハンドメイドにて行なっています。

「KAI」と革

昨今時代とともに衰退してきており、 KAIは、100年以上続いているタンナーの工場を借り切って、そこにアトリエを構えて製作。

このタンナーに残っている昔ながらの機械を使用して製作出来るのも大きな魅力。

ミシンやバフ、革の削ぎ機など、全てタンナリーに残っていた昔の機械を今でも使用しています。

KAIの大きなもう一つの魅力としてアニリン染色という方法です。

最高級素材の表情を殺さず、素材感をとても活かした染色技法で、ラグジュアリーな物作りにおいてはよくある染色方法なのですが、彼等は染料を独自に開発し、ブレンドしており、色目が他には絶対的に真似出来ないものになっています。

「KAI」、その製作工程

彼等のプロダクトの生産方法として、 通常の鞄や革小物の製作方法と異なり、シューズ製作に近い、木型を使用した製作を行なっているため、 縫製箇所を出来る限り少なく仕上げ、木型につり込んでフォルムを成形。

また、この工程の中で、一度水に浸してから一度革を縮め、木型でつり込んでギリギリまで正確にフィットするように伸ばす作業をしています。

本来アニリン染色は革の色目や質感が非常にナチュラルに近い形で美しく出る一方、水に弱いというデメリットを持っていますが、KAIの場合は、一度水に浸している結果、アニリンダイでありながらも水への耐性が通常のアニリン染めよりも高い特徴を持っています。

リングベルト

KAI

SIZE & PRICE

SIZE : S / PRICE : ¥25,000
SIZE : M / PRICE : ¥29,000

カードケース

KAI

TYPE & PRICE

TYPE : プレーン / PRICE : ¥15,000
TYPE : オーストレッグ / PRICE : ¥30,000

クラッチ

KAI

SIZE & PRICE

SIZE : S / PRICE : ¥60,000

気軽にご相談ください

サイズ・素材感・コーディネイトなど、商品に関するご質問は下記よりお気軽にご相談くださいませ。
在庫や入荷の状況も、なるべく分かりやすくご説明させていただきます。


SENBA
senba_call
senba_mail
UMEDA
umeda_call
sumeda_mail
GINZA
ginza_call
ginza_mail
CONTACT
umeda_call梅田店
senba_call船場店
ginza_call銀座店
salon_call美容院
MAIL

問い合わせ店舗を選択*