2017年5月16日

UMEDA

夏の大園デニム
ワイドなホワイトとタイトなブラック

OZONO Denim × OPUS JAPAN

今夏の「大園デニム × OPUS JAPAN」ダブルネームは、

〜ワイドなホワイトとタイトなブラック〜

カンフル ホワイトデニム

OZONO

CATHEDRALでは初となる大園デニムのカンフル。

OPUS JAPANとのダブルネーム3本目です。

ゼロコバがリーバイス501の66なら、カンフルはリーバイス501のXX。

OZONO

ズドンとしたドストレートのシルエットに、9.5オンスの生地。

縦糸はホワイト、横糸にグレーメランジなので、真っ白なデニムよりも合わせやすい生成りに仕上げました。

往年のMartin Margielaを彷彿とさせる仕上がり。

夏はロールアップし九分丈でサンダル。
春秋はブーツに被せて。

OZONO

Size: 30,32,34,36

Price: ¥32,000(+TAX)

 

ゼルコヴァ改 ブラックデニム(夏バージョン)

OZONO

「大人が履けるブラックデニム」
「ドレスシューズが履きたくなる」
「ジャケットが着たくなるデニム」
というキーワードで、今年の年始にOPUS JAPANとのダブルネームで制作しました。

今回はその夏バージョン。12オンスの軽い生地で、もちろんスーピマコットン100%。
風通しがよく、高温多湿な日本の真夏に履いても快適に過ごせます。

OZONO

前回は股下を決め打ちであげ、サイズ毎にパターンを微妙に変更し、1番綺麗にテーパードが出るように設定しました。
今回のブラックは股下フリーです。
股下73cmから下は、ほぼ水平に仕上げています。

その理由は日本人の平均的な股下は73cmと言われているので、裾上げし、誰が履いても綺麗なテーパードが出るように改良しました。
股下フリーに仕上げることで、価格を前回より抑えることができ、通常ラインのゼロコバと同じ価格で出せました。

往年のHELMUT LANGのイタリアンカットを彷彿とさせる仕上がり。

OZONO

Size: 28,30,32,34,36

Price: ¥32,000(+TAX)

全国通販対応いたします

サイズ・素材感・コーディネイトなど、商品に関するご質問は下記よりお気軽にご相談くださいませ。
在庫や入荷の状況も、なるべく分かりやすくご説明させていただきます。


SENBA
senba_call
senba_mail
UMEDA
umeda_call
sumeda_mail
GINZA
ginza_call
ginza_mail
CONTACT
umeda_call梅田店
senba_call船場店
ginza_call銀座店
salon_call美容院
MAIL

問い合わせ店舗を選択*