2017年2月12日

UMEDA

待ちに待った一足
astorflex

astorflex

     

個人的に待ちに待っていた一足「astorflex(アスターフレックス)」がイタリアから届きました。

早速履いてみた感想は、「やっぱり、パリ出張に持って行きたかったなぁ…。」

展示会廻りは午前10時に始まり、午後8時近くまでかかります。
その間はずっと歩きっぱなし、それが1週間弱続きます。革靴で行こうものなら足が一日保ちません…。
訪れるブランドの種類によってはスニーカーは履きたくないので、結果、靴は3足持っていきます。

でもこれなら2足減らせたなぁ、って。

astorflex

コーディネートはスラックスで履いたって良いし、ジーパンで履いたって良い。

オールデンのモディファイドラストでクラークスが靴を作ると、こんな感じに仕上がるんじゃないでしょうか。

astorflex

天然ゴムのクレープソールは程よいコシと堅さがあるので、一般的な柔らかいクレープソールのようにグニャグニャとせず、安定感が違います。

体軸を活かして一歩ずつしっかりと地面を掴む感じで、歩くのが楽しく感じます。

アッパーは、ベジタブルタンニングのイタリア産スウェード。
これがしっかりとした肉厚と密度の革なのと、
レザーライニングも全面に施されているので、スウェードに有りがちな伸び易さは感じられません。

     

スウェードだと雨の日も安心ですしね。

astorflex
(アスターフレックス)

astorflex

「astorflex」は、イタリアで1816年から続くステッチダウン製法を得意とする靴作りの老舗で、
今でも昔ながらの製法と素材で「良い靴」を作り続けています。

これだけの作りで価格は下記の通り、次の展示会はこれ履いて行きますね。

astorflex

モデル: CITY FLEX
Color: ダークカーキ、ストーン

※いずれもベジタブルタンニンカーフ

Size: 39,40,41,42,43
Price: ¥30,000(+税)

全国通販対応いたします

サイズ・素材感・コーディネイトなど、商品に関するご質問は下記よりお気軽にご相談くださいませ。
在庫や入荷の状況も、なるべく分かりやすくご説明させていただきます。


SENBA
senba_call
senba_mail
UMEDA
umeda_call
sumeda_mail
GINZA
ginza_call
ginza_mail
CONTACT
umeda_call梅田店
senba_call船場店
ginza_call銀座店
salon_call美容院
MAIL

問い合わせ店舗を選択*