2016年10月23日

GINZA

濱野太郎展
Autumn/Winter2016

濱野太郎

私たちは彼が「モード」の世界に新たな風を吹かせることが出来る、数少ない人物の一人だと確信している。

彼の活動は世間から「伝統工芸作家」と呼ばれるだろう。

しかし彼の作品を見れば、それはあくまでも表層的な部分でしかないのだと皆が気付くはずである。

濱野太郎

近年上辺だけ取り繕った日本の伝統工芸とファッションのコラボレーションが乱発していると私たちは感じている。

濱野太郎

モードと伝統工芸の緩衝とはどういうことなのか?
今回の展覧会でみなさんにご覧いただく彼の作品が
その出発点を示すだろう。

濱野太郎

この日のために仕上げたスペシャルピースも用意。
実際に手に取り、皆さんの目で確かめて頂きたい。

彼は日本人固有の伝統文化や色彩感覚を作品で表現する「アーティスト」である。

手紡ぎから糸をつくり、自身で染め、自身で手工業時代から使われている機械織り上げる。

これまでの伝統工芸の行程には一切とらわれず、その時々の作品に応じた素材と手法を選択するため、規則的なパターンは一切ない。

これにより見る角度や距離、光の当たり方によって、作品の表情が全く異なるのである。さらに、至近距離で見ると多色なことに気付く仕様になっている。

現在、全ての工程を彼一人で行っているため年間150本しか織ることができない。

彼は「人の心を響き、感動させる美しい色を布に織り込み、世界に届く作品を創造したい」と、常に心に留めている。

濱野太郎
濱野太郎

場所

Cathedral銀座
東京都中央区銀座1−9−8 奥野ビルB1(右階段地下奥)

開催日時

10月28日(金)〜31日(月)
12時〜21時

※当日販売を行いますが、全て1点物となりますのでご了承下さい。

※大阪12月開催予定

気軽にご相談ください

サイズ・素材感・コーディネイトなど、商品に関するご質問は下記よりお気軽にご相談くださいませ。
在庫や入荷の状況も、なるべく分かりやすくご説明させていただきます。


SENBA
senba_call
senba_mail
UMEDA
umeda_call
sumeda_mail
GINZA
ginza_call
ginza_mail
CONTACT
umeda_call梅田店
senba_call船場店
ginza_call銀座店
salon_call美容院
MAIL

問い合わせ店舗を選択*