2016年4月20日

UMEDA

PRADAじゃないよ。
AURALEEだよ!

AURALEEのアースカラー

往年のPRADAを思い出す。

90年代にヘルムートラングやプラダが打ち出したミニマムな思想。
無表情な素材を悪魔のカットで見せるあの感じ。
憧れていた学生時代を思い出しました。

小牟田、今日はアースカラーで出勤です。

AURALEEのアースカラーのセットアップのご提案です。

簡単な表現だと上下ベージュのセットアップですが、そこは流石AURALEE。
微妙な色の外し方なんですねぇ〜。

上は、シャツ。

超軽量の上質なコットンポプリンで生地のミミを上手く使ってさらに軽さを演出しています。
袖口、裾口な切りっぱなしの様な感じになってます。

シルエットも身幅が広くて着丈が短め。
うまいなぁ、、。

相変わらず影の作り込みは半端無いっす。
特に背中の生地の余り方がいい感じです。

パンツはチノパン。

、、なんですが、ソラーロという夏のスーツ生地でよく使う緑よりの光沢のある生地を使用しています。

パンツのシルエットは、2タイプあります。
裾までノーテーパーのワイドタイプと、ヒザ下で綺麗なテーパーの入ったテーパータイプの2種類です。

個人的には開襟シャツにワイドタイプのパンツでアーバンサファリルックで決め込んででます!
首からミリタリーストラップのLUMIXをアクセにします。
いや、ちゃんと撮りますよ!

靴はウエストンの180か白のスプリングコートなんですが、今日のテーマはデリーに特ダネを追って来たイギリスの新聞記者なので革靴なんで。

気付けば、BOSSもアースカラーで登場でした。
シャツは同じくオーラリー。
BOSSは、ポータークラシックのミリタリーパンツに白のスプリングコートでした。
かぶっちゃいました。

しかしながら小牟田と狙いは一緒かと…..
BOSSのカメラはLEICAですが….

一流の料理人が、一流の食材を見た時、作りたくなる料理が似てくる、、
そんな感覚。

同系色やけどチョイ外し。

都会的なシルエットですが、どこか野暮ったさを感じる、赤道近くのどこかの暑い国。

そんな感じです。

あ、ラジャッシュも合うかもですね。

開襟シャツ

AURALEE

Color: ホワイト、カーキ

Size: 3、4 

小牟田165cmで3でゆったり
谷173cm4でゆったり

Price: ¥22,000(+税)

テーパーチノスラックス

AURALEE

Color: ソラーロ

Size: 3、4、5

小牟田165cmの平均的体型で3でジャストです。

Price: ¥30,000(+税)

ワイドチノスラックス

AURALEE

Color: ソラーロ

Size: 3、4、5

Price: ¥31,000(+税)

気軽にご相談ください

サイズ・素材感・コーディネイトなど、商品に関するご質問は下記よりお気軽にご相談くださいませ。
在庫や入荷の状況も、なるべく分かりやすくご説明させていただきます。


SENBA
senba_call
senba_mail
UMEDA
umeda_call
sumeda_mail
GINZA
ginza_call
ginza_mail
CONTACT
umeda_call梅田店
senba_call船場店
ginza_call銀座店
salon_call美容院
MAIL

問い合わせ店舗を選択*